×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

沈黙のリプリー

正体不明の信号を受信し、その調査のためにコースを外れて、
惑星LV426に降り立った宇宙貨物船ノストロモ号。
信号の発信源は異星人の宇宙船で、そこで謎の生物「フェイスハガー」に襲われた
乗組員ケインの胸を突き破って生まれてきた、ヘビのような異星の生物はノストロモ号船内に逃走。
それを捕獲するために、乗組員はダラス船長・ランバート・アッシュ組とパーカー・ライバック・リプリー組に分かれ、
動体感知機を使い手分けをして船内を捜索することになった。

ライバックと、リプリー、パーカーが二手に分かれる

リプリー:ここで二手に分かれましょう。
      私とパーカーはあっちを探すわ。

ライバック:わかった。じゃあ私は向こうを。
      気をつけて。

 パーカー:あんたもな。

ポポ・ポポ・ポポ・ポポ・・・
パーカー:おっと、ソナー感。距離5。
リプリー:潜水艦のソナー員じゃないんだから。
     ・・・って、え?距離、5メートル?
パーカー:うん、すぐそばや。
      気ぃつけて。

詳しくは、・・・検索してね

ポポポ・ポポポ・ポポポ・・・
パーカー:「サイレントデバッカーズ」ちゅう名作ゲームを思い出すなぁ。
     目に見えないエイリアンを音を頼りに倒すゲームでな・・・
リプリー:パーカー、静かにして。
パーカー:ポンポポポポッポッポ、ポポッポポポポポポポポポポポポポン。
リプリー:ぅやかましいっ!
      ・・・つーか、そんなネタだれもわからないって。(TBSラジオ「ぽぽらじ」ネタです)

ポポポポポポポポ・・・・

物陰になにかいる

リプリー:そこの影にいるみたい。
     ねぇ、パーカー。ちょっと行って捕まえてきて。
パーカー:・・・えっ?ウチが?嫌やそんなん!
     ウチがアミを構えてるさかい、あんたがその電磁ロッドで追い立てて。
リプリー:わかったよ。・・・じゃあいくよ、
     いち、にの、さん!でやるからね。
     いち、にの・・・・

ウープス

リプリー:
さ・・・
バリバリバリバリバリバリッ! 
パーカー:ぎゃあああああっ!
     なっ、なにすんねん!
リプリー:うわ、ごめん。ここ狭くってさ、
     ちょっとさわっちゃった。
     じゃあ気を取り直して、行くよ?
パーカー:勝手に取り直されてもうた。
リプリー:いち、にの・・・
ジョーンズ:ばあぁっ!

ジョーンズ登場

 
リプリー:きゃああああっ!
 
パーカー:うわああああっ!・・・って、ジョーンズ!?
ジョーンズ:うまくいたうまくいった!

オス猫です

ジョーンズ:「きゃあ」だって!
      ビックリした?あはははは。
 リプリー:・・・・・・・・・・ジョーンズ。

最弱モードでおしおきだべぇ

ビリビリビリッ!
ジョーンズ:にゃああああっ!いたいいたたた!
 リプリー:こら!ジョーンズ!私達は遊んでるんじゃないのよ!
ジョーンズ:うわぁぁぁん!リプリー、ごめんなさぁぁぁぁい!(たたたたたた)
 
リプリー:待ちなさぁーい!(たたたたたたた)




 
パーカー:・・・あー、驚いた。
      もぅ、なんちゅうイタズラ猫や。(注:あれは猫です)

ポポポポ・ポポポ・ポポ・ポポポポポポ

 パーカー:ん?ソナー感。
      リプリー達戻って来たん?

振り向けばビッグチャップ

エイリアン:シャァァァァァァァ
 パーカー:・・・・・!!

 
リプリー:ジョーンズ、待ちなさいってば!
      またないとご飯ヌキだよ!
ジョーンズ:いいも〜ん。ケィシー・ライバックさんに作ってもらうも〜ん。
      ケィシーさんの作ってくれるご飯のほうがおいしいも〜ん。
 
リプリー:くっ!プロのコックさんと比べないでよ〜!

 
パーカー:ぎゃあああああああああ・・・・

なにかあったみたい

 リプリー:・・・パーカー?
ジョーンズ:どうしたんだろう。
 
リプリー:パーカーになにかあったんだよ。一時休戦しよ。
      いい子だからついてきなさい。
ジョーンズ:うん。

 
リプリー:パーカー?どうしたの〜?
      なにかあった・・・きゃあっ!

パーカー、襲われる

 
パーカー:うう・・・巨大なエイリアンに襲われた・・・
      まだその辺にいる・・・・気ぃつけてや・・・・
 
リプリー:パーカー、しっかりして!
 
パーカー:こ・・・、この借りは「2」で返したるさかいな・・・・ガクッ
 
リプリー:パーカー!パーカー!
ジョーンズ:リプリー、あっちから何か来るよ。
      そこに隠れよう。
 
リプリー:・・・・うん。

怯える一人と一匹

ジョーンズ:さっきのヘビみたいなのが、
      もうあんなに大きくなったの?
 
リプリー:見つかっちゃう。ジョーンズ、静かにして。
      (あいつがどこかに行ったら、すぐに皆にこの事を知らせに行って、
       医務室でパーカーを診てもらわなきゃ・・・)

迫り来る

ジョーンズ:怖いよ、リプリー。
 
リプリー:大丈夫、大丈夫だよ。
ジョーンズ:・・・・・ん?(うずっ)

しっぽがフリフリ・・・・


ひゅん・・・ひゅん・・・・・

ジョーンズ:・・・・・・・・・あぅ〜(うずうず)
 
リプリー:ジョーンズ?
ジョーンズ:・・・・・あうう〜〜ん、あうう〜ん、(うずうずうずうず)



ジョーンズ:
うにゃああっ!
 
リプリー:ジョーンズ!?
エイリアン:キシャーーーー!

見つかった!

エイリアン:シャァァァァッ
ジョーンズ:にゃっ?しまった。
 
リプリー:「しまった」じゃないでしょ!
エイリアン:キシャッ!
 
リプリー:うううう、えいっ!

ジョーンズに襲い掛かるエイリアン、を電磁ロッドで迎え撃つリプリー

バリバリバリバリッ!
 リプリー:これでどうだーーーっ!
エイリアン:・・・・・・・・・・・シャ?
バリバリバリバリッ!
 
リプリー:・・・・・・・・・あれ?
エイリアン:・・・・・・・シュルルルルル
ジョーンズ:・・・全然効いてないみたいだよ?
 
リプリー:うあああああ〜

開くアゴ、むき出す牙

ジョーンズ:食べられちゃうぅぅぅぅ!
エイリアン:キシャアアアアッ!
 
リプリー:きゃああああっ!
ジョーンズ:にゃああああっ!

プッシュウゥゥゥ・・・ゴゴゴゴ・・・

開く扉。ケィシーおじさん登場

ライバック:リプリー、どうしたんだ?
      今、悲鳴が聞こえ・・・

振り向くエイリアン

エイリアン:キシャアアッ!

 
リプリー:ライバック!パーカーがこいつに・・・
ライバック:・・・・・・・・・なんてことだ。
エイリアン:キシャアアッ!

ライバックに向かってくるエイリアン

ダッダッダッダッダッ

 
リプリー:ライバック、危ない!
エイリアン:シャアアアアッ!

エイリアンの攻撃を片手で受け止め

・・・ヒュバッ

ひねって投げる

ドシャッ

転がるエイリアン

エイリアン:シャァァァァ・・・・?
ライバック:2人とも、危ないから部屋の隅にいてくれ。
 
リプリー:・・・はい。

というわけで、スティーブ・セガール人形です

ライバック:この怪物は私が片付ける。

向かってくるエイリアン

エイリアン:キシャアアアアッ!!

手でエイリアンの攻撃を弾く

バシッ

側面から伸びてくる尻尾、チェック

ビュゥン

それも弾く

バシッ

パンチ胸に1発

ズドンッ
エイリアン:グハアッ!

裏拳であごに1発、てこの原理で大きく回る

ズバン
エイリアン:シギャアアアッ!

吹っ飛ばされるエイリアン
ドシャァ!

 リプリー:ライバック・・・・?
ライバック:ああ、ノストロモ号のコックになる前、
      私は海軍特殊部隊にいたんだ。
 リプリー:・・・は、はぁ。
ライバック:・・・相手が人間でないとすこし勝手が違うものだな。


また来るエイリアン

エイリアン:キシャアアアアア・・・

弾きつつ首にチョップ

ビシッ
バキッ!!
エイリアン:ガハッ

さらにヒザ

ズドン
エイリアン:ガフッ・・・

打ち下ろしパンチ

ゴッ
エイリアン:ゲアッ

後頭部を足で押してひねる

ギギギッ、ギギギギッ
エイリアン:キシャアアアアア・・・
ライバック:・・・・ぐぅっ。

リプリーとジョーンズのアップ
バキンッ
ジョーンズ:やったぁ!

勝負あり、動かないエイリアン

ライバック:・・・ふぅ。
      2人とも、もう大丈夫だ。
     無事だったかい?
      


こちらに来るライバック

ジョーンズ:ケィシーさん強いんだね!
      すごいすごい!
ライバック:すぐにパーカーを医務室に連れて行こう。
      リプリー、運ぶのを手伝ってくれ。
 
リプリー:あ、はい。
ジョーンズ:じゃあ僕は他のみんなを呼んでくるよ。
ライバック:ああ、たのんだぞ。
      リプリー、君は足のほうを持ってくれ。
 
リプリー:はい。
      ・・・よいしょっと。

エイリアン:・・・・シュウウウウ
 
リプリー:ケィシー!?
ライバック:まだ生きていたのか!?
エイリアン:シャアアアッ!

ライバック肩を負傷
ビュッ

ライバック:くっ!
 
リプリー:ライバック、肩が!
ライバック:かすっただけだ。
      パーカーを頼む。
エイリアン:シュウウウウ・・・
ライバック:しぶとい生き物だな。

エイリアン:シュアアアアッ!



ライバック:何度かかってきても同じだ!
エイリアン:シュアッ!

両方の手を押さえられ、後ろから尾が迫る
ヒュュン
ライバック:はっ!?
    
ホールドし、牙を剥くエイリアン

エイリアン:シュアアアアア・ア・ア・ア・ア
 
リプリー:ライバック!!
ライバック:・・・お前が何者かは知らないが、
      なかなか強いことは認めよう。
      だが、ひとつ教えてやることがある。



ドゴッ!

エイリアン:シュギャアアッッ!!
ライバック:・・・こんなときに舌を出してると、噛むぞ。



ライバック:これで終わりだ。
エイリアン:シャアアアアアッ
ライバック:はあああああああああああああっ!

オラオラ

ドドドドドドドドドドドドド
エイリアン:ゲハァッ!!!!!
ドン


ドサッ
エイリアン:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ライバック:・・・・ん、リプリー、驚かせてすまなかった。
      今度こそ大丈夫だ。
 
リプリー:ライバック、無事で良かった。
      さっきはもうダメかって思った。



ライバック:リプリー、・・・お願いがあるんだが。
 
リプリー:なに?
ライバック:この船の”あるクルー”には私の軍歴を知られたくないんだ。
      だから私がこの怪物を倒したことは他の皆には黙っていてほしい。
      船長には私から報告する。
 
リプリー:あるクルーって・・・?
ライバック:それは君にも言えない。
      ・・・黙っていることを、約束してくれるかな。
 
リプリー:・・・わかった。
ライバック:よし、パーカーを医務室に連れて行こう。
 
リプリー:うん。

ノストロモ号地球に帰還

こうして私は、ライバックと沈黙の約束をしました。
この事件は、異星生物とのファーストコンタクトであるにもかかわらず、
会社側より緘口令がしかれて、まったくニュースになりませんでした。
幸いパーカーは近年進歩したマイクロマシン治療によって一命をとりとめ、全治3週間の怪我ですみました。

ライバックの言っていた「あるクルー」とはアッシュのことだったかもしれません。
なぜなら、地球に帰り着いたその晩、アッシュもライバックも、ノストロモ号から姿を消してしまったからです。
また、船の航行記録からも彼らの記録は抹消されていました。
彼らがどういう秘密の役割を持ってあの船に乗り込んでいたのか、私にはわかりません。

しかし私はのちに知ることになります。
このライバックもアッシュも抹消された航行記録では、
私があのエイリアンを倒したことになっていたことを・・・。


うう〜、軽く済ませるはずだったのに、またヘビーな更新になっちまいました。
セット作ったり、地味ですが合成がたっぷりあったり、
ネコ耳ドール作ったり、リペイントしたり、・・・はふぅ〜〜。
次回あたり裏話など、ショートでやります。

2003年12月21日 20:10:51
TOPへ戻る
INDEXに戻る