×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

舞-HiME


今回はバンダイのガシャポンフィギュア「舞-HiME」です。
「舞-HiME」はテレ東系で放映中のサンライズの新作で、死兆星(?)が見えてしまった乙女達が織り成す、燃えたかと思いきや萌えたり、ギャグかと思いきやどシリアスだったり、伝奇ものかと思いきや○○だったりする学園物アニメです。さらにホノボノと終わるかと思ったらどっこい負けるかロボ根性な展開だったりして、もうガクブルです。(ネタバレ防止のため意味不明文章でお届けしています) 

舞-HiME公式サイト「風華学園オフィシャルWeb
ものすごく登場キャラが多いんですけど、みんな個性的で、見てて全然混乱しないのもなにげにすごいと思います。
メインキャラ以外で私が好きなのは天可無敵の空回りキャラ、珠洲城遙(すずしろはるか)生徒会実行委員長様。
フィギュアでないかなぁ。
こちらのサイトにはごくらく萌え萌えステーション内で放送されたラジオのバックナンバーのストックもあります。
けっこう面白いのでさっそく聞いて見ませう。

舞-HiMEフィギュアといえば、CM'sファクトリーから、こういうのの発売予定もあります。
「風のイ・タ・ズ・ラ」ななつき可愛すぎ。
これ魔改造推奨なんでしょうかねぇ。


鴇羽舞衣(ときは・まい)
病弱な弟を常に気遣う気丈な主人公。戦う乙女。
このフィギュアはなんか悪役っぽいですけど。
っていうか、もともとキャラの絵は遊んでるギャルっぽいデザインですしね。
最初出てきたときはあんな健気な子だとは思わなんだ。
CVは中原麻衣さん。名前の読みが同じなので覚えやすいです。

使用スタンドはマジシャンズ・レッド。契約モンスターはカグツチ。
カグツチは他の機械的な部分をもったチャイルドと根本的にデザインが違います。(デザイナーがオーファン担当の宮武氏なあたりかなりこれ意図的なんですけど。
カグツチとは日本書紀に出てくる火の神で、イザナギとイザナミの子です。この出産のさい、イザナミは陰部が焼けて死んでしまい、カグツチは怒ったイザナギに十拳剣で殺されてしまいます。(このあとイザナギは黄泉の国へイザナミを迎えに行く)カグツチの顔を貫通している剣はもしかしたらこの十拳剣かもしれません。つーことでカグツチはアマテラスやスサノオよりもずっと先に生み出された神なわけで、もしあの契約モンスター(チャイルド)がこのカグツチなら、そりゃもう制御なんて……


もえもえだ。


美袋命(みなぎみこと)
山で育った野生の子。走る時はガオレンジャーみたいに4足で疾走します。
第1話で心停止して海に漂っている状態で登場。自分の身長ほどもある大剣を持ったまま水に浮いてるなんて只者じゃありません。この剣は「ミロク」というHiMEのエレメント。斬鉄剣以上の切れ味で敵オーファンとかつまらぬものとかを切ってしまいます。
1〜2話では野生の山猫のような暴走ぶりをみせましたが、いまでは舞衣に餌付けされてお行儀の悪い飼い猫のようになってます。でもたまに夜の集会とかにも出かけている模様。

私の一押しキャラです。腹減ったときと満腹なときがもうかわいすぎ。(笑)
スタンドはアヌビス神(シルバーチャリオッツでもいいけど)
契約モンスターは今のところナシ。たまに猫を従えております。

「みなぎ」が一発で変換されたのでびっくりしてたら、これ岡山の地名なんですね。



6種類のうち一番できがよいと思います。
でも個人的には冬服でフィギュア化して欲しかった。
冷静に考えるとすごいモミアゲですな。

玖我なつき(くがなつき)
クールそうでいて激情的。利口に立ち回っているつもりだけど実は黒幕の掌の上で踊っているだけ。すぐにエレメント銃を出すけどあまり役に立ったためしなし。
…意外とボケキャラの素養があるかもしれません。
「風のイ・タ・ズ・ラ」でブレイク。(笑)
そういえば昔、榊原郁恵主演の「ナッキーはつむじ風」ってTVドラマがありましたねぇ。ぜんぜん関係ないですけど。
使用スタンドは「皇帝(エンペラ−)」、契約モンスターはデュラン。
デュランは、デザインもいいし、カートリッジをロードするとこなんかすごくかっこいいけど、あのキャノンも4話以外では効いたためしないし…。




なつきさん、ライティングで顔のおうとつを出すと結構かっこイーです。


杉浦碧(すぎうらみどり)
公式サイトには24歳とはっきり書かれている自称17歳(^^;)。最初、ファミレスのバイトも満足にこなせない胸の大きいだけのドジキャラかと思ってたら、超電磁竜巻+グランダッシャー。…いやびっくり。「学天王」かと思ったら「愕天王」らしいです。
姐さんとして、今後のご活躍に期待です。

フィギュアは、これクオリティーは悪くないけど似てないスよねぇ。フィギュア発売時期から考えると、TV放映の相当前に原型が作られたと思うんですが、碧ちゃんはそのころの初期設定画がこんな感じなのかしら。


うん、わかってる。合成失敗。orz


藤乃静留(ふじのしずる)
風華学園生徒会長。よく学園ものの漫画やアニメに出てくる「こんな高校生いねぇよ」的な、世に長け大人びた才女。私と誕生日が同じ。(だから?)
この人がなんで6体のフィギュアのうちのひとりに選ばれたのかよくわかりません。話にからんでませんしねぇ。しかもフィギュアの出来もこのざまですし。



これもなんかビミョーにあわない。
合ってないのはすぐにわかっても、どうすれば合うかがよくわからないのが合成の難しいところです。


宗像詩帆(キングゲイナー)
ラブコメ街道をひとりまっしぐら。
年上の幼なじみをお兄ちゃんと呼ぶオーバースキルを持ったオーバーマン。
この髪の毛はドレッドなのか縦ロールなのか、気になるところ

画像では顔がつぶれ気味に見えますが、これはなにげにうつむいているからで、実物はそれほどではありません。けっこうかわいいです。


フォトンリングを輝かせ、ヤーパンのエクソダスを成功させるため、今日もシベリア鉄道と戦います。

2004年11月21日 17:03:19
TOPへ戻る
INDEXに戻る