×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

宇宙空母ギャラクティカ
コナミSFムービーセレクション 「宇宙空母ギャラクティカ」


広大な宇宙のどこか 12の殖民惑星に暮らす人類と 機械帝国サイロンの
一千年の永きにわたる戦いは この日結ばれた和平協定をもって
終わりを迎えるはずだった


しかし それはサイロンの罠だった
和平に応じると見せかけたサイロンは 奇襲による総攻撃をかける

警戒を解いていた人類は サイロンの攻撃の前になすすべもなく
一方的に殺戮されてゆくのだった。

12の殖民惑星を代表する12隻の宇宙空母もまた その例外ではなく
サイロン戦闘機による攻撃をうけ 次々と沈んでゆくのだった

サイロンの攻撃は 12の殖民惑星それぞれにもおよんだ

衛星軌道上の移動要塞より発艦した戦闘機が 12殖民惑星の全てを焦土と化してゆく

12の惑星は全てサイロンに征服され 生き延びたのは宇宙にいた少数の人々と
サイロンのたくらみにいち早く気づき 戦うことができた宇宙空母”ギャラクティカ”のみであった




サイロンの総攻撃は成功し 人類はその前に屈したかに思えた
だが……
殖民惑星のひとつ惑星カプリカに たまたま滞在していたその男の存在は
サイロンにとって唯一の誤算だった

「アダマ提督に、緊急だ」

「提督、惑星カプリカから、マグナフォンによる緊急通信です」

「ケイシー・ライバックといいます
 提督、サイロンとの戦いはまだ終わってはいません」

「われわれの12の惑星は全てサイロン帝国によって制圧された。
 人類にはもう、逃げる以外に道は残されていないのだ。」

「お言葉ですが提督、
 サイロンに制圧されている惑星の数は 12ではなく、11です」

「カプリカはすでに奪還しました」

UNDER SIEGE 3(邦題「沈黙の宇宙空母」)

惑星カプリカに拠点を置いた人類は サイロンに対して反撃を開始するのだった 

「逃げずに歯向かってくるとは好都合だ
 返り討ちにして人類をひとりのこらず抹殺するのだ」
「命令のままに」

人類を待ち構えるサイロン

単身で要塞に乗り込み 内部から撹乱するライバック
迎え撃つサイロン兵を瞬時になぎ倒してゆく

ヴァイパー戦闘機隊の活躍

次々に要塞を制圧してゆくライバック

サイロン司令官との一騎打ち
ライバックは司令官を倒して 要塞CICにたどり着くことができるのか

そしていま 封印されていたギャラクティカの主砲が 必殺の一撃を放つ
それは暗黒時代に終止符をうった 人類の黎明の光でもあった

スティーブン・セガール UNDER SIEGE 3(邦題「沈黙の宇宙空母」)より




……ええっと、ごめんね。
「宇宙空母ギャラクティカ」ファンとコナミ様には謝っとこうと思います。

今回はコナミの食玩 SFムービーセレクション「宇宙空母ギャラクティカ」を使用して、
いちセガールファンの妄想を形にしてみました。
”いかなる敵もなぎ倒し、いかなる危機もサクサク解決”のセガール映画の様式に
慣れてしまうとですね、 他の映画で登場人物がピンチに陥っているのを見て、
「この映画にセガールが出ていたら、あっという間に解決なんだけどなぁ」
などと思ってしまうのです。


「宇宙空母ギャラクティカ」はスターウォーズブームに乗っかって作られたアメリカのTVドラマで、
その第1話(3時間スペシャル)を日本で劇場公開(2時間に編集)。
日テレ系でその劇場版をTV放映、好評だったのかその後TVシリーズのほうも放映されました。
私は当時、「スターウォーズみたいなのが毎週テレビで見られる」と
これの放映が始まる日を指折り数えて待っていた記憶があります。
ウルトラQが始まるときの当時のチビっ子も同じような気持ちだったんでしょうかねぇ…

ともかく、「宇宙空母ギャラクチカ」としてTV放映が始まったのですが、
最初の方こそ見ていたものの、なんか途中からあんまり見なくなったような、
ちゃんと見てたけど内容を覚えてないような、そんなあいまいな印象しかありません。
どこかの惑星に下りて、そこでお話が展開するというパターンばかりで、
期待していた宇宙戦闘シーンがあまりに少なく、またその少ない宇宙戦闘も、
毎回毎回同じ映像を繰り返し繰り返し流すだけなので、アッサリ飽きてしまったからなのでした。
唯一よく覚えているのは、ヴァイパーのコンピュータにAIを組み込み、
そのおかげでヴァイパーが女性の声で喋るようになるのというお話なんですが、
「行くわよん☆」とターボブーストをふかしたりして、見ていて非常に面白かった記憶があります。
それは結局その週だけで、次週からはまたもとのただの戦闘機になってしまったのが、
とってもとっても残念でした。
今思えば、「ヴァイパー”萌え”」して印象に残っていたわけで、
ドラマ鑑賞時の重要な評価ポイントは昔からこれだったんだなぁ、と、
我ながら呆れるやら妙に納得するやらです。
萌えボイスで喋るヴァイパー、あったらいいヨねぇ。

さて、今回のこの更新のために「宇宙空母ギャラクティカ(劇場版)」のDVDを
久しぶりに見たりしてたんですが、3時間のストーリーを2時間に編集したものだからか、
お話が大雑把に感じるのはまあしょうがないとしても、全体に漂う危機感のなさ、能天気さ、
本当に人類は絶滅しかかっているのか?と疑いたくなります。
これはその前に見た、最近リメイクされた「バトルスター ギャラクティカ」と比べて
どうしても思ってしまうことなのかもしれません。amazon「バトルスター ギャラクティカ サイロンの攻撃」
アマゾンのレビューでも褒めちぎられているのを見てわかるとおり、
”リメイク”を超えた名作に仕上がっております。鈍色に輝く切れ味のよいナタのような作品です。
こちらのご意見(敢えてギャラクチカと呼ぶ心意気もアリ)が私の感想と100%重なります。
この「バトルスター ギャラクティカ サイロンの攻撃」は、
TVシリーズのパイロット版で、その後に続く話もあちこちで
絶賛(『宇宙空母ギャラクティカ』の最新シリーズ、絶賛レビュー)されたりしているので、
続きも早く見てみたいです。

「24」の次に来るのはこれだ!
(てか、まだDVD化の話もないんですけどね…。DVD化が待ち遠しいです。)

追記(2008年4月22日 20:31:37)

来ましたDVD!3年越しの願いかなう!
ついに5月23日、「ギャラクティカ」がDVDで発売されます!
GALACTICA/ギャラクティカ 【起:season 1】DVD-BOX 1(amazon)
またレンタル版も同日より順次、店頭に並ぶようです。
「ヒーローズ」を抑えて、くるか「ギャラクティカ」ブーム!

詳しくはこちらのギャラクティカ オフィシャルサイトへどうぞ。





サイロンベーススター

2枚の円盤が重なったような、サイロンの要塞です。上から見るとアンドアジェネシスそっくり。(※ゼビウスの方が後です)こんなん作ってみました
コロニアルヴァイパーとサイロンレイダー

旧ギャラクティカで、アポロと弟ザックスの印象的なシーンより。このへんのテイストは新ギャラクティカに通じるものがありますね。ヴァイパーはこのシーンに合わせたダメージバージョンにレタッチしてあります。暗くて見えないけど。
ギャラクティカのメカの中で、私はこのサイロンレイダーが一番好きでした。今回の食玩のなかで、これが一番できがよいのが嬉しいところです。ヴァイパーとかバトルスターは、造形も塗装も素晴らしいけど、組み立ての段階でなんか歪んでて、惜しいです。
OPの
♪巨大な〜敵を〜、撃てよ、撃てよ、撃てよ〜
のところ。(嘘)
このシリーズは2箱(20個)買ったんですが、アトランティアは出なかったです。なので、ペガサスの艦名をアトランティアに書き換えてます。まあこれはオリジナルでもやってることだし。
R\オリジナルの映像をよく見てると艦名のないバトルスターもありますが、貼り忘れてるのか、いつでも使えるバンク用なのか、どっちでしょうね。
毎度、お台場アクアシティです。以前ここで爆破用背景素材をいくつも撮ったため、いつもアクアシティが爆破されます。別にここに恨みがあるわけではありません。
サイロンレイダーが色補正後、昔の東宝特撮映画のスチールみたいなステキな感じに。
艦名が見えませんが、ギャラクティカです。
前部・中部・後部にフォーカスをあわせて撮影後、3枚のフォーカスの合っている部分をあわせて、1枚の絵にしています。アングルと光のあたり方は、オリジナルのバンクフィルムの感じを参考にしました。
アダマ艦長、のつもり。
アダマ艦長は本来はアゴ髭はないですが、それっぽい人形がなかったので妥協。まぁ「地球征服」では生やしているみたいなので、いいかなと。髪やら眉やら目やら、リペイントしています。
左奥にいるのはギャラクティカのエース、ギャラクティカエンジェル(GA)の皆さん。(ぉ
このへんから脱線。
以前使用したセガール人形の再登場です。
「UNDER SIEGE」は「沈黙の戦艦」の原題です。これの続編が「暴走特急」。本作はさらにその続編、という妄想であります。ライバックシリーズ、もう作らないのかなぁ。下に転がるサイロン兵は、2個のフィギュアを増殖させたもの。
「命令のままに」サイロンというものを象徴する、彼らの常套句です。
金色のが司令官で、シルバーが下っ端。
本物はミラー仕上げのメタリックボディですが、フィギュアはそれほどメタリックではないので、光の反射のキラキラを要所に合成してオリジナルっぽくしました。
ロボットに関節技は決まるのか?中の人には効きそうですね。<中の人など(ry
考えたらヴァイパーがやられっぱなしだったので、後で入れた画像。なんとなく作ったので細かいこと考えてません。これどうやってぶつけたんでしょうね。
ライバックといえば投げナイフ。エレクトロニクスや化学にも詳しいなど、セガールの他作品のキャラとライバックは結構明確に描き分けられています。意味なく酒場でケンカしないし、小悪党を挑発していたぶったりもしないしね。
サイロン司令官とタイマン。
どこだよここ。背景はやはり前のライバック更新のときに使った壁。黒いものなので、色を反転して使用。なんだかとっても不自然かつ書割っぽくなりました。
艦首構造部が展開すると、バトルスターの主砲が現れる。これは乗員の心がひとつになったときに使える、バトルスターの必殺技だ!
ギャラクティカの場合、”ギャラクティカマグナム”と呼ばれる。シリーズ後半ではさらに強力な”ギャラクティカファントム”があみだされた。

同型艦ペガサスの主砲の名前はもちろん”ペガサス流星拳”なのは言うまでもない。

「サイロンアタック」での、サイロンベーススターの群れをなぎ払った”ギャラクティカ・ペガサス二艦主砲同時発射”は、漢たちの熱い涙を誘い、今でも語り草になっている。(もちろん妄想の中で)

TOPへ戻る
INDEXに戻る
2005年4月10日 1:23:34